産経ニュース

杉本博司「ロスト・ヒューマン」展 文明終焉、33のシナリオとは…

ライフ ライフ

記事詳細

更新


杉本博司「ロスト・ヒューマン」展 文明終焉、33のシナリオとは…

シュールで背徳的な香りもする「耽美主義者」の展示 シュールで背徳的な香りもする「耽美主義者」の展示

                   

再オープン 愛称「トップミュージアム」

 東京都写真美術館が恵比寿ガーデンプレイス内に総合開館したのは平成7年。国内唯一の写真・映像の総合美術館として、国内外の重要作品3万3000点以上を収蔵している。

 平成26年秋から休館し、展示室の床や可動壁、照明・空調設備を改修。エントランスホールやカフェの刷新など、美術館としての機能と利便性を向上させた。

 再オープンを機に同館の英語表記を略して愛称を「TOP MUSEUM(トップミュージアム)」に決定。笠原美智子・事業企画課長は「自らをTOPと名付けるのは気恥ずかしいが、この分野で世界的トップを目指したいという志だ」と意気込みを語った。

このニュースの写真

  • 杉本博司「ロスト・ヒューマン」展 文明終焉、33のシナリオとは…
  • 杉本博司「ロスト・ヒューマン」展 文明終焉、33のシナリオとは…

「ライフ」のランキング