産経ニュース

【将棋】史上最年少のプロ棋士誕生 愛知の中2、14歳2カ月で 加藤九段の記録更新

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
史上最年少のプロ棋士誕生 愛知の中2、14歳2カ月で 加藤九段の記録更新

三段リーグの対局に臨む藤井聡太三段=3日午前、東京・千駄ケ谷 三段リーグの対局に臨む藤井聡太三段=3日午前、東京・千駄ケ谷

 将棋のプロ棋士への最終関門となる奨励会三段リーグの最終戦が3日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、名古屋大教育学部付属中2年、藤井聡太三段(14)=愛知県瀬戸市=が、13勝5敗でプロ入り(四段昇段)を決めた。10月1日付の昇段で14歳2カ月でのプロ入りは、加藤一二三(ひふみ)九段(76)の14歳7カ月を62年ぶりに塗り替える史上最年少記録。中学生棋士の誕生は、平成12年の渡辺明竜王(32)に続いて5人目。

 藤井新四段は愛知県生まれ。小学4年のとき、杉本昌隆七段門下で奨励会に入会した。詰め将棋が得意で、昨春、解く速さと正確さを競う詰将棋解答選手権で並み居る一流プロを押しのけ、史上最年少で優勝。今春も連覇を果たした。昨年10月には史上最年少の13歳2カ月で三段に昇格、次々と最年少記録を打ち立てている。

 三段リーグは年に2回実施。30~40人がそれぞれ半年にわたって18局を戦い、各期上位2人が四段に昇段できる狭き門だ。

このニュースの写真

  • 史上最年少のプロ棋士誕生 愛知の中2、14歳2カ月で 加藤九段の記録更新
  • 史上最年少のプロ棋士誕生 愛知の中2、14歳2カ月で 加藤九段の記録更新

「ライフ」のランキング