産経ニュース

四半世紀にわたりウズベクに君臨した“独裁者”カリモフ大統領が死去、政府が公式発表 きょう葬儀、後継候補に現首相

ライフ ライフ

記事詳細

更新


四半世紀にわたりウズベクに君臨した“独裁者”カリモフ大統領が死去、政府が公式発表 きょう葬儀、後継候補に現首相

2日死去したウズベキスタンのカリモフ大統領=2015年7月(AP=共同) 2日死去したウズベキスタンのカリモフ大統領=2015年7月(AP=共同)

 【モスクワ=遠藤良介】中央アジアのウズベキスタンで四半世紀にわたって独裁者として君臨したイスラム・カリモフ大統領(78)の死去が2日、同国政府から公式発表された。脳出血のため、8月27日から入院していた。カリモフ氏は苛烈な弾圧体制で不満分子を押さえ込んできたため、権力継承が順調に進まなければ、イスラム過激派などの台頭を通じて地域の混乱を招く恐れがある。

 ウズベク政府は、2日夜にカリモフ氏が死去し、故郷の東部サマルカンドで3日に葬儀を行うと明らかにした。憲法の規定に基づき、大統領代行にはユルダシェフ上院議長が就き、3カ月以内に大統領選が行われる。ユルダシェフ氏は形式的な代行職で、葬儀委員長を務めると発表されたミルジヨエフ首相がカリモフ氏の最も有力な後継候補だと考えられている。

 ロシアのプーチン大統領が2日、カリモフ氏の功績をたたえる弔電を送ったのをはじめ、周辺諸国の首脳が弔意を示した。ロシアからはメドベージェフ首相が3日の葬儀に出席する。

続きを読む

「ライフ」のランキング