産経ニュース

小器官移植で2人妊娠 大阪市の不妊クリニック

ライフ ライフ

記事詳細

更新


小器官移植で2人妊娠 大阪市の不妊クリニック

 不妊に悩む女性の卵巣から細胞のエネルギーを作り出す細胞内小器官「ミトコンドリア」を取り出し、体外受精の際に卵子に移植したところ、2人で妊娠に成功したと、大阪市の不妊治療クリニックが29日発表した。

 この不妊治療は米国の企業が開発。ミトコンドリアの移植で、加齢で老化した卵子の質の改善を図るという。海外では約270例以上行われ、約30人が出産に至ったとされる。昨年12月に日本産科婦人科学会が臨床研究としての実施を認めていた。

 発表した「HORACグランフロント大阪クリニック」の森本義晴院長によると、不妊治療を受けても妊娠しなかった27~46歳の女性25人から卵巣組織を摘出。うち12人で受精卵を作り、6人で子宮に戻したところ、27歳と33歳の女性が妊娠に至った。

「ライフ」のランキング