産経ニュース

【健康カフェ(46)痛風】「プリン体ゼロ」でもたくさん飲むと…過信は禁物

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(46)痛風】
「プリン体ゼロ」でもたくさん飲むと…過信は禁物

 先日、「足の指が腫れて痛む」と40代前半の男性が受診されました。カルテを見ると、1年前に通風発作で受診し、尿酸値を下げる薬を処方していた患者さんですが、半年以上通院していませんでした。男性は「暑いから毎日ビールを飲んでいた。発作がないから大丈夫かと思ったのですが…」と反省していました。とりあえず鎮痛剤を処方し、落ち着いたところで尿酸の薬を再開しました。

 痛風は、血液中の尿酸値が高くなる「高尿酸血症」の合併症の一つで、足の親指の付け根など関節内に尿酸がたまることで炎症を起こし、腫れたり激しく痛んだりする病気です。男性に多く、全国に約70万人の患者がいると推定されています。

 体質的に尿酸が高くなりやすくなる人もいるのですが、食事や運動の生活習慣も尿酸値に少なからず影響を及ぼします。

続きを読む

「ライフ」のランキング