産経ニュース

【編集者のおすすめ】仕事と人生の質を上げるには 藤由達藏著『結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる』

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
仕事と人生の質を上げるには 藤由達藏著『結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる』

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる 結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる

 「それは、抱え込みなんですよ」。著者に言われた。

 あれもこれもと手を出しすぎて、結局、中途半端になっていないか。目の前のやるべきこと、やりたいことに優先順位もつけられず、いっぱいいっぱいになってしまっていないか。

 すべて図星。人間は、いまできることは1つしかない。だから、そこに集中すればいいのだ、と説かれて、納得はしたものの、「そんな簡単に他を捨てられませんよ」というのが本音だった。

 ところが、「捨てると手放すはまったく別物」だと知って、耳を傾けたくなった。手放す、というのはつかんでいたものから手を放すだけ。つかみたくなったら、またつかめばいい。捨てるわけじゃないのだ。と聞いて、急に気がラクになった。

 そもそも抱え込みタイプの人は手放すのが苦手だ。それは単に仕事のみならず、モノもコトも、時間も人間関係も…ではないだろうか。

 発売1年強で28万部を超えたベストセラー『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、先送り・先延ばしグセのある人に向けた本。第2弾となる本書は、自分が本当にやるべきことを見極め、そこに集中することで最高の結果を導くための指南書である。シンプルにするほどに自分が変わっていく-仕事の質、そして人生の質を上げたい人におすすめしたい一冊である。

 ……と書いたものの、じつはこの本をいちばん必要としていたのは私自身だったのかもしれない。(藤由達藏著/青春出版社・1300円+税)

 青春出版社 手島智子

「ライフ」のランキング