産経ニュース

「やさしい日本語」で訪日客をおもてなし 電通などが研究会発足

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「やさしい日本語」で訪日客をおもてなし 電通などが研究会発足

 外国人観光客を「やさしい日本語」でおもてなし-。電通と、教育事業を手掛けるヒューマンアカデミー(東京)は18日、難しい言葉を言い換えたり語彙を制限したりして、訪日外国人にも分かりやすい日本語の普及を目指す「やさしい日本語ツーリズム研究会」を発足させた。

 やさしい日本語は元々、日本に住む外国人に災害時の緊急情報などを伝えるため提唱された。近年、福岡県柳川市が訪日外国人への対応に取り入れ、観光分野での応用が注目されている。

 研究会は、外国語が不得意な人でも日本語で訪日客とコミュニケーションができるようになれば、観光分野での雇用拡大やボランティアへの積極参加につながると期待している。

 東京外国語大の荒川洋平教授(認知言語学)や東海大の加藤好崇教授(日本語教育学)がメンバーとなり、今後、講座を企画するなど情報発信する。

「ライフ」のランキング