産経ニュース

突然変異!真っ白なワニ 静岡の動物園に登場

ライフ ライフ

記事詳細

更新


突然変異!真っ白なワニ 静岡の動物園に登場

動物園「iZoo」で展示されている、白いミシシッピアリゲーター=静岡県河津町 動物園「iZoo」で展示されている、白いミシシッピアリゲーター=静岡県河津町

 真っ白な細長い体に、ぎょろりとした赤い目がひときわ目立つ。静岡県河津町の動物園「iZoo(イズー)」が突然変異で全身が白くなった珍しいワニを展示し、来園者を楽しませている。

 ドイツ生まれのミシシッピアリゲーターの雌で4歳。体長は140センチほどだ。「アルビノ」という遺伝子異常で色素が欠乏し、白くなった。白輪剛史園長(47)によると、アルビノのミシシッピアリゲーターは世界的に希少で、展示は国内で初めてという。

 アルビノの個体は光に敏感で視力が弱いため、照明をまぶしすぎないようにし、えさを目の前に置くなど、特性に配慮しながら育てている。

 夏休み真っただ中の8月上旬、園を訪れた家族連れやカップルが写真を撮りながら、物珍しさに驚きの声を上げていた。浜松市の松葉敦達さん(24)は「神秘的で、しかも(顔立ちが)イケてますね」とまじまじ見つめていた。8月末までの展示。

「ライフ」のランキング