産経ニュース

【書評】児童書 『えのでん タンコロ』倉部今日子作 レトロな風情を表現

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
児童書 『えのでん タンコロ』倉部今日子作 レトロな風情を表現

倉部今日子作『えのでん タンコロ』(偕成社・1300円+税) 倉部今日子作『えのでん タンコロ』(偕成社・1300円+税)

 神奈川県鎌倉市と藤沢市を結ぶ江ノ島電鉄に、おじいちゃんと孫の男の子が乗り込む。おじいちゃんが昔同線を走っていた「タンコロ」のことを話し始めると、沿線風景がだんだん昭和30年代に戻っていく…。

 タンコロとは、江ノ電で昭和初期から半世紀運用された1両編成車両の愛称。ほんわかした絵柄だが、その描写は正確だ。今もレトロな風情が漂う同線の魅力を十二分に表現した絵本。(偕成社・1300円+税)

「ライフ」のランキング