産経ニュース

地球に似た惑星発見か 4・24光年離れた恒星近く、地表に水が存在する可能性も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


地球に似た惑星発見か 4・24光年離れた恒星近く、地表に水が存在する可能性も

 ドイツ有力誌シュピーゲル(電子版)は12日、宇宙物理学者らが、太陽系に最も近い恒星とされる「プロキシマ・ケンタウリ」の周辺で、地球に似た惑星を発見したと報じた。プロキシマ・ケンタウリからの距離が近く、生命の存在に欠かせない水が惑星の表面に液体で存在する可能性があるとしている。

 プロキシマ・ケンタウリは地球から4・24光年のところにある。同誌によると、地球に似た惑星の多くは数百光年離れており、これだけ近くで見つかるのは初めて。4・24光年は、地球と太陽間の距離の約27万倍に当たる。

 ドイツ南部ガルヒングの欧州南天天文台(ESO)が8月末にも惑星の発見を公表する。惑星の発見には、ESOが南米チリで運用する望遠鏡が使用された。

 研究に関わる学者は、シュピーゲルの取材に対して「ぎりぎりで観測可能な範囲で、天体を見つけるのは困難な作業だった」と語った。(共同)

「ライフ」のランキング