産経ニュース

【書評】書評家・倉本さおりが読む芥川賞『コンビニ人間』 「何で結婚しないの?」「何でアルバイトなの?」-無遠慮に聞く「普通」の側を見透かす目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
書評家・倉本さおりが読む芥川賞『コンビニ人間』 「何で結婚しないの?」「何でアルバイトなの?」-無遠慮に聞く「普通」の側を見透かす目

『コンビニ人間』村田沙耶香著 『コンビニ人間』村田沙耶香著

 村田沙耶香といえば、本作のように奇抜な人間像や強烈なディストピアを描く作家というイメージが強い。だが三島賞受賞作『しろいろの街の、その骨の体温の』を読めば、印象が一変する。そこで丁寧に拾いあげられているのは、ありふれた社会の残酷さの中で、どうにか「普通」に息をしようとする人たちの声だ。

 「普通」とは何か。「正常」とはどういう姿か。何度も裏返して日に透かせながら、その意味をひたむきに問い続けてきた作家の、じつに見事な到達点。芥川賞受賞に惜しみない拍手を送りたい。(文芸春秋・1300円+税)

 評・倉本さおり(書評家)

「ライフ」のランキング