産経ニュース

大量死生き延びたクロマグロ死ぬ 「もう少し長生きしてほしかった」葛西臨海水族園

ライフ ライフ

記事詳細

更新


大量死生き延びたクロマグロ死ぬ 「もう少し長生きしてほしかった」葛西臨海水族園

死んだクロマグロ=4月2日、東京都江戸川区の葛西臨海水族園(東京動物園協会提供) 死んだクロマグロ=4月2日、東京都江戸川区の葛西臨海水族園(東京動物園協会提供)

 東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)で平成26年11月から27年3月末にかけ、大型水槽のクロマグロが相次いで死んだ問題で、同園は2日、大量死を唯一生き延びていた5歳のクロマグロが死んだと発表した。同園によると、大量死は照明の明るさによるストレスなど複合的な要因だったとしているが、このクロマグロが死んだ原因は大量死とは関係ないとみられる。

 同園によると、このクロマグロは2日午後1時半ごろ、他のマグロにつられるように突然速く泳ぎ出し、水槽に衝突する様子がビデオに記録されている。7月17日から餌を食べなくなっていたといい、田畑直樹園長は「何回も危機を乗り越えた個体で思い入れがある。もう少し長生きしてほしかった」と残念がった。

 同園では26年11月からクロマグロが相次いで死に、27年3月末には大型水槽で1匹のみとなった。衝突防止のため水槽に黄色いテープを貼るなどし、昨年6月に77匹を投入。今年6月にも70匹を追加し、群泳を復活させた。現在は98匹が泳いでいる。

「ライフ」のランキング