産経ニュース

【トップバイヤーの男前研究所】スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【トップバイヤーの男前研究所】
スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう

サイズが合ったスーツでは、上着の両袖からシャツが1.5センチほどのぞく。腰回りを適度に絞ることで腰と腕の間に隙間が見える サイズが合ったスーツでは、上着の両袖からシャツが1.5センチほどのぞく。腰回りを適度に絞ることで腰と腕の間に隙間が見える

 今回はスーツを選ぶ際のサイズの見極め方をお伝えしたいと思います。どれほど良い生地を使っていても、サイズが合っていなければ、見た目が台無しになってしまいます。そうならないためには、選び方の正しい知識が必要です。

                   

襟や袖からシャツ

 ビジネスシーンの定番、ダークカラーのスーツと白いシャツを例に、説明します。

 まずは上着です。サイズを見極めるには、後ろから見た首筋の襟に注目してもらいたいです。上着の襟からシャツの襟が1・5センチ前後見えるものを選んでください。シャツをのぞかせることで、襟元をすっきり見せる視覚効果が得られます。上着が大きいとシャツが隠れてしまい、首が短く見えて、やぼったい印象を与えてしまいます。

 袖丈は、袖口からシャツが1・5~2センチ見える状態を目安にしてください。腕を伸ばして立ったとき、袖口に白いアクセントができると、身長を高く見せられるのです。

 首回りや両袖からシャツが見えていれば、上着が直接肌に触れていないということ。皮脂などで汚れるのを防止し、清潔に保てます。

続きを読む

このニュースの写真

  • スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう
  • スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう
  • スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう
  • スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう
  • スーツのサイズの見極め方 店頭で測定、助言受けよう

「ライフ」のランキング