産経ニュース

「機械人間オルタ」滑らかな動きと表情変化 部品むき出しでも「人らしさ」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「機械人間オルタ」滑らかな動きと表情変化 部品むき出しでも「人らしさ」

人間型ロボット「機械人間オルタ」=29日午後、東京都江東区の日本科学未来館 人間型ロボット「機械人間オルタ」=29日午後、東京都江東区の日本科学未来館

 見かけは機械そのものだが、手や指が滑らかに曲がったり、口を開けて話しているような表情を見せたりする人間型ロボット「機械人間オルタ」を大阪大と東京大のグループが開発、東京都江東区の日本科学未来館で29日、動く様子を披露した。オルタは、顔と手がシリコーンで覆われているが、頭頂部や胸などは機械部品がむき出しになっている。動きの複雑さで生命らしさを感じてもらう狙いで作られた。

 コンピューターによる制御の他、周囲との距離や明るさを感じるセンサーに反応し、さまざまな動きをする。言葉は出さないが、時折、人間を見て話しかけているように見える。

 これまでの人間型ロボットは人間に近い外観を持たせたものが開発されてきた。グループの石黒浩・大阪大教授は「人らしさを表現するのに、もはや肉体や人間らしい姿形は必要ないことを実証したい」と話した。オルタは8月6日まで日本科学未来館で展示される。来場者の感想を聞いて改良を加えるという。

このニュースの写真

  • 「機械人間オルタ」滑らかな動きと表情変化 部品むき出しでも「人らしさ」

「ライフ」のランキング