産経ニュース

【父の教え】演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【父の教え】
演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

「声は父親譲りだと思って、感謝しています」と語る角川博さん。喉のため、2年ほど前に酒とたばこをやめた(荻窪佳撮影) 「声は父親譲りだと思って、感謝しています」と語る角川博さん。喉のため、2年ほど前に酒とたばこをやめた(荻窪佳撮影)

 歌手の仕事は人気商売でストレスも多い。「先のことを心配して悩んだりせず、一日一日を精いっぱい生きる。そんなことをおやじから受け継いだので、長く続けられたんでしょうね」。昨年、デビュー40周年を記念してリリースした「蒼い糸」が5万枚のスマッシュヒットとなった。これからも気負わず、自然体で歌い続けるという。(櫛田寿宏)

                   

 ≪メッセージ

 歌手になるため上京した時は心配させたけど、昨年デビュー40周年を迎えたよ。一緒に歌って、喜びを分かち合いたかった。

                   

プロフィル】角川憲弘(かどかわ・のりひろ) 昭和3年、ブラジル生まれ。幼少時に北海道に移住。その後、広島市で角川新聞舗を開業、店主を務めた。平成14年、死去。

                   

プロフィル】角川博(かどかわ・ひろし) 昭和28年、広島市生まれ。広陵高校卒。51年、「涙ぐらし」でデビュー。53年に「許してください」でNHK紅白歌合戦に初出場した。ものまねの名人としても知られ、美空ひばりさんや三波春夫さんら幅広いレパートリーを持つ。今年2月には通算60枚目となる「かなしい女」をリリース。9月には新曲「広島ストーリー」が発売予定。

このニュースの写真

  • 演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

「ライフ」のランキング