産経ニュース

【父の教え】演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【父の教え】
演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

「声は父親譲りだと思って、感謝しています」と語る角川博さん。喉のため、2年ほど前に酒とたばこをやめた(荻窪佳撮影) 「声は父親譲りだと思って、感謝しています」と語る角川博さん。喉のため、2年ほど前に酒とたばこをやめた(荻窪佳撮影)

 柔道三段の猛者で、近所の飲食店に強盗が入った際には、包丁を持った犯人を取り押さえて警察から表彰されたこともあった。

 新聞販売店の朝は早く、前夜には新聞に折り込むチラシの準備もある。角川さんもできる限り手伝った。当時の団地にはエレベーターはなく、階段を上り下りしながら新聞を配るのはきつかった。

 そんな厳しい生活の中で、ささやかな楽しみは野球だった。「どんなに疲れていても、キャッチボールの相手をしてくれました」

 旧広島市民球場は父子にとって思い出の場所だ。ライトスタンドから広島東洋カープを応援した。集金など店の仕事を終えてから駆けつける。仕事も遊びも一生懸命、一日一日を大切にする父親の背中が脳裏に焼き付いている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 演歌歌手・角川博さん 一日一日を精いっぱい生きる

「ライフ」のランキング