産経ニュース

【世界遺産】長崎教会群の再推薦を決定 平成30年の登録目指す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界遺産】
長崎教会群の再推薦を決定 平成30年の登録目指す

 文化審議会が当初、27年の登録候補としていたが、内閣官房の有識者会議が推す「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)と競合。政府は産業革命遺産を優先し、長崎の教会群を28年の候補として推薦したが、イコモスから「日本の特殊性である禁教の歴史に焦点を当てるべきだ」と指摘されて取り下げていた。

 27年の旧推薦書は、キリスト教の伝来から弾圧と潜伏を経て復活までをたどる資産で構成していた。今回は、イコモスから禁教期との関連性が低いとされた2資産を除外して臨んだ。

 世界文化遺産の推薦は国内で年1件に限られている。今回はほかに、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森など4道県)▽「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)▽「百舌鳥(もず)・古市古墳群」(大阪府)-の3件が選考対象となった。

「ライフ」のランキング