産経ニュース

【編集者のおすすめ】笑いあり涙ありの人間賛歌 『金メダル男』内村光良著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集者のおすすめ】
笑いあり涙ありの人間賛歌 『金メダル男』内村光良著

「金メダル男」 「金メダル男」

 お笑いの第一線を走り続ける内村光良さんに小説を執筆いただけるというお話をいただいたのは、今から約1年前。2011年に演じた一人舞台「東京オリンピック生まれの男」のストーリーを、映画と小説で展開するという壮大な計画を聞き、その一端に関わることができとても嬉(うれ)しかったです。日々のレギュラー番組出演で忙しい中、何百枚にもわたる原稿をなんと手書きで書き上げてくれた内村さん。その後も映画の製作と同時進行という、あまり例のない進行で編集作業は進み、本当に最後の締め切りぎりぎりまで手直しを繰り返し、細部まで内村さんの心がこもった作品となったと思います。

 小説の主人公・秋田泉一は、内村さんと同じ1964年生まれの男。小学校の徒競走での一等賞をきっかけに、あらゆる一番を目指し続ける半生を描いた痛快エンターテインメントとなっています。

 本書は、みずからが脚本・監督・主演を務める映画(10月22日公開)の原作でもあり、文中の台詞(せりふ)ひと言ひと言に内村さんの世界観がにじみ出て、軽妙でめまぐるしい展開が、読者を楽しませてくれます。何度失敗しても立ち上がり、思わぬチャンスに巡り合う--そんな主人公が、自身の人生を語りながら、物語は進んでいきます。細かく引かれた伏線や登場人物たちとの掛け合いがクスッと笑えるのに、その裏で懸命に生きることの大切さが心に沁(し)み、前向きに生きていく元気をもらえる一冊です。ぜひとも、内村ワールドを体感してみてください。(中央公論新社・580円+税)

 中央公論新社グループ企画部 齊藤智子

「ライフ」のランキング