産経ニュース

「道徳」評価は記述で 他の子供と比較せず 入試活用は否定

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「道徳」評価は記述で 他の子供と比較せず 入試活用は否定

 平成30年度以降に小中学校で教科化される「道徳」の評価方法などを議論してきた文部科学省の専門家会議は22日、評価は数値ではなく記述式とし、他の子供と比較せず入試にも活用しない-とする報告書案をまとめた。文科省は、全国の教育委員会にも示し周知徹底を図る。

 報告書案では、道徳科の指導方法について、読み物に登場する特定人物の心情理解に偏らず、多角的・多面的な考え方を促すため、子供の発達段階に沿った問題解決型の学習などが必要と指摘した。

 評価の基本的な考え方は、子供が自らの成長を実感し意欲の向上につながるもの▽教員にとっては指導方法の改善に取り組むための資料-とした。具体的な評価手法は数値ではなく記述式で行い、他の子供との比較による相対評価を採用せず、個々の成長の様子を積極的に受け止め、励ますことに力点を置くとした。

 授業中の会話や感想文、教材の登場人物を自分に置き換えて問題を理解しようとする姿勢などを判断材料とする。発言や文章を書くのが苦手な子供については、他者の話に聞き入り考えを深めようとする姿への着目が重要だと指摘。発達障害のある子供にも、一人一人の状況を踏まえた配慮と評価方法が求められるとした。

 一方、道徳教育は子供の人格に関わるものだとして、入学者選抜の合否判定に活用しないよう求めた。

 この日の会議では、複数の委員会から「道徳科が相対評価ではないことを知らない教員が多い」「現場の教員に周知する必要がある」との意見が上がったため、文科省は近く報告書の内容を各教委に伝え、入試に活用しないよう指導する方針。

 専門家会議では昨年6月から議論を重ねてきた。

「ライフ」のランキング