産経ニュース

【聞きたい。】村山由佳さん『ワンダフル・ワールド』 ああ男と女…悲恋の中にある刹那の輝き

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
村山由佳さん『ワンダフル・ワールド』 ああ男と女…悲恋の中にある刹那の輝き

作家、村山由佳さん 作家、村山由佳さん

 ■刹那の輝きを刻みつける

 「『香り』って記憶と直結してるんですよね。忘れたと思っていた物事が、ある香りを嗅いだとき、ふーっと蘇(よみがえ)ることがある」

 夏の寝苦しさを和らげてくれた祖母の白檀(びゃくだん)の扇子。自分の汚い部分まで洗い流してくれるように感じるプールの塩素の刺激臭。遠い記憶を呼びさまし、ときに感情を激しく揺さぶってくるそんな「香り」を通奏低音に、大人の男女の出会いや別れをつづった5つの短編を収める。

 妻子持ちの恋人と、売れっ子調香師との間で揺れ動く女性カメラマンの心を描く「アンビバレンス」、やり手の女性経営者が、夫とは別の年下男に人生最後のつもりで愛を注ぐ「バタフライ」、死のふちにいる愛猫が自分を捨てた男との再会を引き寄せる「TSUNAMI」…。終わりが見えるような、つかの間の情愛に身を浸す男と女には、苦みと悲しみが付きまとう。

 「どんなに愛しい相手も永遠にそばにいてくれるわけじゃない。恋愛は移ろいやすいものだけれど、確かにあった一瞬を疑うことはできない。『今、死んでもいい』と思えるくらいの一瞬がもし持てたとしたら、それだけでめっけもん、って私は思うんです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 村山由佳さん『ワンダフル・ワールド』 ああ男と女…悲恋の中にある刹那の輝き

「ライフ」のランキング