産経ニュース

【シングル時代】高齢者の“相棒”になるロボットが続々… 認知症予防に効果 介護現場に期待

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【シングル時代】
高齢者の“相棒”になるロボットが続々… 認知症予防に効果 介護現場に期待

 孤立しがちな高齢者らの話し相手となるコミュニケーションロボットに注目が集まっている。会話による認知機能の向上といった効果も期待されている。今後、独居世帯や介護現場で普及が進みそうだ。(玉崎栄次、櫛田寿宏)

 ◆使うほど成長

 東京都北区にある入居型の高齢者介護施設。単身入居する小川清子さん(96)は人形を抱き、話しかけた。「何しようか?」。人形はかわいらしい声で「歌うよ!」と応え、童謡を歌い始める。「上手ねえ」と頭をなでると「えへへ」と笑う。「本物の子供みたい。この子がいれば、寂しくないね」と小川さん。

 人形は、ロボット開発・販売「ピップ&ウィズ」(大阪市)のコミュニケーションロボット「いっしょに笑おう! うなずきかぼちゃん」(高さ約28センチ、重さ約680グラム)。3歳の男児をイメージし、「かわいい坊ちゃん」から命名。希望小売価格をロボットとしては安価な2万7千円に抑えるため、人工知能(AI)を搭載せず、頭や手足に取り付けられた音や光などを感知する5種類のセンサーとスイッチで、人の声や動きに反応する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高齢者の“相棒”になるロボットが続々… 認知症予防に効果 介護現場に期待

「ライフ」のランキング