産経ニュース

教員免許失効したまま勤務 北海道教育大の付属校教員

ライフ ライフ

記事詳細

更新


教員免許失効したまま勤務 北海道教育大の付属校教員

 北海道教育大は5日、付属の小中学校に所属する男性教員2人が、教員免許が失効したまま児童や生徒の教育に関わっていたと発表した。勘違いで免許の更新手続きをとらなかったのが原因という。

 大学によると、1人は付属釧路小(釧路市)の40代教員で、平成25年6月に免許が失効したが、必要な更新手続きをせず、教員のまとめ役を務めていた。授業や学級担任は担当しなかった。別の1人は付属旭川中(旭川市)の30代教員。今年4月に免許が失効したが約3カ月間、約100人の生徒に授業を行い、学級担任も務めた。

 2人とも大学を卒業して教員免許を取得後、大学院も修了。学部を出た際に取得した免許の期限に従い免許更新する必要があったが、大学院の修了により期限が延期されたと勘違いし、手続きをしなかったという。

「ライフ」のランキング