産経ニュース

給付型奨学金の議論開始 平成30年度導入目指す 文科省検討チーム

ライフ ライフ

記事詳細

更新


給付型奨学金の議論開始 平成30年度導入目指す 文科省検討チーム

 大学生らを対象とした給付型奨学金の創設に向けて対象者や財源規模などを議論する文部科学省の検討チームが4日発足し、初会合を開いた。文科省幹部のほか、大学教授やPTA関係者らで構成。年内に議論を取りまとめて来年の通常国会で必要な法改正をし、平成30年度入学者からの導入を目指す。

 馳浩文科相は冒頭のあいさつで「給付型の制度は絶対に必要。経済的な事情で進学を諦めざるを得ない子供たちに希望を与えるべきだ」と述べた。会議は冒頭を除き非公開。文科省によると給付対象者の範囲などが議論された。8月の概算要求までに制度の概要を詰める方針。

 給付型奨学金は、6月に閣議決定された「1億総活躍プラン」で創設に向けて検討するよう明記された。10日投開票の参院選では、与野党の各党が創設を公約に掲げている。

「ライフ」のランキング