産経ニュース

【フード 食・歳時記】水無月 1年の折り返しに無病息災祈願

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【フード 食・歳時記】
水無月 1年の折り返しに無病息災祈願

「仙太郎」の「みなづき(水無月)」。氷をイメージした乳白色の生地が涼やかだ=東京都練馬区の仙太郎東京支社(荻窪佳撮影) 「仙太郎」の「みなづき(水無月)」。氷をイメージした乳白色の生地が涼やかだ=東京都練馬区の仙太郎東京支社(荻窪佳撮影)

 1年の折り返しに当たる6月30日には、各地の神社で「夏越(なごし)の祓(はらえ)」の神事が行われる。和菓子「水無月(みなづき)」は、この日に合わせて京都市内を中心に食べられてきた。氷片をかたどった三角形のお菓子は、夏の厄よけとされ、京都のゆかしい行事食として定着している。(平沢裕子)

京都の年中行事

 水無月は、小麦粉や上新粉などで作った餅の上面に蜜漬けの小豆を散らして蒸し、三角形に切った和菓子。全国和菓子協会専務理事の藪光生さんは「6月みそか(30日)に水無月を食べると夏負けを防ぐといわれ、水無月を食べるのは京都の年中行事の一つになっています」と説明する。

 6月みそかは、12月末日の大みそかと並ぶ大はらいの日で、夏越の祓とも呼ばれる。千年以上前の平安時代からある伝統行事で、1年の半分が過ぎた日ということで、半年分の罪やけがれをはらい、残り半年を無事に過ごせますようにと願う風習。茅(かや)草で作った輪をくぐる「茅(ち)の輪くぐり」をして厄をはらう。

 京都が本店の和菓子店、仙太郎は「季節のお菓子ということで、毎年水無月を食べるのを楽しみにしているお客さんが多い」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 水無月 1年の折り返しに無病息災祈願

「ライフ」のランキング