産経ニュース

記憶遺産「世界の記憶」に 文科省が表記変更

ライフ ライフ

記事詳細

更新


記憶遺産「世界の記憶」に 文科省が表記変更

 文部科学省は20日、京都府の「東寺百合文書」を含む歴史的文書などを登録する世界記憶遺産の日本語表記を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が使う英語の正式表記「Memory of the World」に合わせ「世界の記憶」に変更した。外務省は既に新たな表記を採用しており、政府の統一表記となる。

 同じユネスコの世界遺産や無形文化遺産は国際条約に基づき登録されるが、記憶遺産には根拠となる条約がなく、審査過程が不透明だと指摘される。政府は昨年、中国の「南京大虐殺」資料が記憶遺産に認められたことに反発を強めており、位置付けの違いを明確にする意図がありそうだ。

 日本語表記については、日本ユネスコ国内委員会が2010年、親しみやすさなどを考慮し「記憶遺産」とすることを決定。地方自治体は「世界記憶遺産」と呼ぶ例が多い。自治体が新たな表記を使うかどうかは、個々の判断に任せるとしている。

「ライフ」のランキング