産経ニュース

【書評倶楽部】タレント・麻木久仁子 『まちで闘う方法論』木下斉著 活性化とは「稼ぐこと」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
タレント・麻木久仁子 『まちで闘う方法論』木下斉著 活性化とは「稼ぐこと」

女優の麻木久仁子さん(瀧誠四郎撮影) 女優の麻木久仁子さん(瀧誠四郎撮影)

 著者の木下斉さんは「まちビジネス事業家」であり「地域経済評論家」である。16歳の若さで早稲田の商店会活性化に取り組んで以来18年、日本各地で地域活性化事業に取り組んできた。木下さんが携わった事業のなかでもよく知られているのが、岩手県紫波町(しわちょう)のオガールプロジェクトである。図書館など公共の施設を集客装置と位置づけ、それに民間の施設をドッキングさせ、民間の商業施設の稼ぎで全体の維持費を捻出する。民間商業施設については補助金を受けず、金融審査を受けた事業として採算の取れる適正な規模で行うというものだ。現在、オガールプラザは黒字、紫波町の財政も好転しているという。

 〈地域活性化とは「稼ぐこと」であり、地域活性化を牽引(けんいん)する人材というのは「地域を稼げるようにできる人材」であるということです〉

 補助金ありきの甘い見通しの事業は、地域を活性化させるどころか衰退のスピードを速めてしまうことすらある。しかし、地域にとって本当に価値のある必要なことならば必ず対価が払われ、補助金なしでも事業化できると木下さんは言う。稼ぐということに真摯(しんし)に向き合って、安直に税金に頼ることをしない。それでこそ本当に必要なものが生み出されるのだ。

このニュースの写真

  • タレント・麻木久仁子 『まちで闘う方法論』木下斉著 活性化とは「稼ぐこと」

「ライフ」のランキング