産経ニュース

R-18文学賞大賞に町田そのこさんの「カメルーンの青い魚」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


R-18文学賞大賞に町田そのこさんの「カメルーンの青い魚」

贈呈式に出席した(左から)笹井都和古さん、一木けいさん、町田そのこさん 贈呈式に出席した(左から)笹井都和古さん、一木けいさん、町田そのこさん

 応募、選考ともに女性に限定した短編小説賞「第15回女による女のためのR-18文学賞」(新潮社主催)の大賞に福岡県在住、町田そのこさん(36)の「カメルーンの青い魚」が選ばれた。読者賞はバンコク在住の一木けいさん(37)の「西国(にしこく)疾走少女」に、友近賞は滋賀県在住の笹井都和古さん(22)の「県民には買うものがある」にそれぞれ決まった。

 大賞受賞作は、祖母に育てられた「私」が児童養護施設出身の幼なじみ「りゅうちゃん」と育んだ恋の物語。選考委員の辻村深月さんは「あるしかけにより、それまでの景色や登場人物の暮らしが、一瞬で塗り替えられた。作品の物語性と構成力が群を抜いていた」と評価。23日に東京都内で開かれた贈呈式で、町田さんは「作家になる夢を追いかけたい」と喜びを語った。

「ライフ」のランキング