産経ニュース

【健康カフェ(36)】転倒・骨折 要介護のリスクと認識を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(36)】
転倒・骨折 要介護のリスクと認識を

 また、歩く速度が遅くなってきた▽膝が痛む▽薬を5種類以上飲んでいる▽めまいやふらつきがある▽目が見えにくい▽物忘れが気になる▽横断歩道を青のうちに渡りきれない-などにあてはまる人は転倒リスクが高いといえます。

 自治体や地域の病院では、転倒予防のための教室を開いているところも多いので、参加してみてはどうでしょう。こうした教室では、動作の専門家である理学療法士が、運動の仕方や転ばないためのコツなどを教えてくれます。また、投薬の量や履物を見直したり、自宅や近所の転びやすい場所をチェックしたりするのも大事なことです。さらに、転んだときに骨折しないため、骨粗鬆(こつそしょう)症の人は治療が必要です。

続きを読む

「ライフ」のランキング