産経ニュース

三笠宮さま、急性肺炎から快方に向かわれる

ライフ ライフ

記事詳細

更新


三笠宮さま、急性肺炎から快方に向かわれる

 宮内庁の山本信一郎次長は23日の定例会見で、急性肺炎のため16日から聖路加国際病院(東京都中央区)に入院中の三笠宮さまが快方に向かわれていることを明らかにした。昨年12月に100歳を迎えており、慎重に病状を見極めるため入院を続けられている。

 三笠宮さまは入院の3、4日前からせきなどの症状があり、16日に微熱があったことから同病院を受診し、急性肺炎との診断でそのまま入院された。山本次長によると、先週半ばには平熱に戻り、せきの症状もなくなった。ご退院の時期は未定だという。

「ライフ」のランキング