産経ニュース

自治体から孫育てガイド続々 親と祖父母の橋渡しに

ライフ ライフ

記事詳細

更新


自治体から孫育てガイド続々 親と祖父母の橋渡しに

さいたま市の「祖父母手帳」。今と昔の子育ての「常識」の違いを解説するページもある(同市提供) さいたま市の「祖父母手帳」。今と昔の子育ての「常識」の違いを解説するページもある(同市提供)

 同県子育て支援課では「『直接言うと角が立つことを代弁してもらった』という声をいただいた。お互いを尊重しながら、協力し合うきっかけ作りに活用していただいているようです」。送料などを支払えば県外の人でも入手できるという。

 地域の慣習を

 孫の育児を自治体が支援する動きについて、NPO法人「孫育て・ニッポン」の棒田明子理事長は「子育てをめぐり親と祖父母がトラブルになることは珍しくない。祖父母世代にとって、娘や息子に言われるより、『役所のガイドでもこうなっている』という方が受け入れやすい」と解説する。

 自治体のガイドには各地域の子育て支援センターをはじめとするサポート施設などが紹介されていることも多い。

 棒田さんは「例えばお食い初めは地域によって慣習が違うが、そうしたことは祖父母世代でも知らない人が多い。自治体が作るからこそ、その地域に伝わる子育ての行事や祭りなども盛り込んで、地域全体で子供たちをより豊かな環境で育てる工夫をしてほしい」と話している。

このニュースの写真

  • 自治体から孫育てガイド続々 親と祖父母の橋渡しに
  • 自治体から孫育てガイド続々 親と祖父母の橋渡しに

「ライフ」のランキング