産経ニュース

奈良先端大、トマト毒合成の遺伝子発見 ジャガイモの芽の毒抑制に応用も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


奈良先端大、トマト毒合成の遺伝子発見 ジャガイモの芽の毒抑制に応用も

毒性成分の合成を統括する「マスター遺伝子」の働きを活発にしたトマト(奈良先端科学技術大学院大の庄司翼准教授提供) 毒性成分の合成を統括する「マスター遺伝子」の働きを活発にしたトマト(奈良先端科学技術大学院大の庄司翼准教授提供)

 未成熟の青いトマトに含まれる毒性成分を合成する「司令塔」の遺伝子を、奈良先端科学技術大学院大の庄司翼准教授らのチームが発見した。ジャガイモにも同様の遺伝子があり、ジャガイモの芽に含まれる毒の抑制に応用できるとしている。専門誌に論文が掲載された。

 見つけたのは「マスター遺伝子」と呼ばれ、トマトの毒性成分「トマチン」の合成に直接関わる数十種類の遺伝子の働きを統括しているという。

 チームによると、遺伝子組み換え実験でこのマスター遺伝子の働きを活発にしたトマトはトマチンの量が2倍に増えた。働きを抑えると半分になった。

 トマトと同じナス科植物のジャガイモにも同様のマスター遺伝子があり、腹痛などを引き起こす「ソラニン」の合成を統括しているという。

 庄司准教授は「マスター遺伝子が作用しない変異種から、毒を抑えたジャガイモの実用化も可能になる」と話している。

「ライフ」のランキング