産経ニュース

児童文学作家の岡崎ひでたか氏が死去

ライフ ライフ

記事詳細

更新


児童文学作家の岡崎ひでたか氏が死去

 岡崎ひでたか氏(おかざき・ひでたか、本名・英尊=ひでたか=児童文学作家)4月28日、悪性リンパ腫のため死去、87歳。通夜は9日午後6時、葬儀・告別式は10日午前10時半、東京都中野区上高田1の2の9、高徳寺新井白石記念ホールで。喪主は児童文学作家の妻、山口節子(やまぐち・せつこ)さんと長男、英樹(ひでき)氏。

 代表作に「荷抜け」「鬼が瀬物語」など。昨年末刊の「トンヤンクイがやってきた」で日本児童文学者協会賞の受賞が決まったばかりだった。

「ライフ」のランキング