産経ニュース

「純野生」トキが誕生、3羽目 新潟・佐渡

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「純野生」トキが誕生、3羽目 新潟・佐渡

野生下で生まれたトキのペアから誕生した2羽目と3羽目の「純野生」ひな(丸印)=30日、新潟県佐渡市(環境省提供) 野生下で生まれたトキのペアから誕生した2羽目と3羽目の「純野生」ひな(丸印)=30日、新潟県佐渡市(環境省提供)

 環境省は30日、新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアに新たにひなが誕生したことを確認したと明らかにした。「純野生」のひなは3羽目。このうち、別のペアに生まれた1羽目は姿が見えず、死んだとみられている。

 環境省によると、新たに誕生が確認されたひなは30日午前、28日に確認された2羽目のひなとともに巣の上に頭を出している様子が観察された。孵化(ふか)は26~30日とみられる。親のペアはいずれも足輪がなく年齢は不明。

 一方、21日に純野生として40年ぶりの誕生が確認された1羽目の親のペアは、ひなの姿が見えなくなった28日以降も抱卵を続けていたが、30日にはやめていた。新たにひなが誕生する可能性は低いとみられる。環境省の広野行男首席自然保護官は「このペアは昨年も一度抱卵を中止して再開した経緯があり、引き続き観察したい」と話している。

「ライフ」のランキング