産経ニュース

【薬価危機-迫られる選択(4)】「1年延命に500~600万円」が境目…夢の新薬どうまかなう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【薬価危機-迫られる選択(4)】
「1年延命に500~600万円」が境目…夢の新薬どうまかなう

抗がん剤の値段 抗がん剤の値段

 4年越しの議論の末、薬の費用対効果を検証する取り組みが、そろりと始まった。中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会が27日、対象の薬を決めた。

 委員の前で事務方が読み上げたのは、C型慢性肝炎の治療薬「ソバルディ」とその類似薬、再発乳がんの治療薬「カドサイラ」、そして1人当たり年間3500万円かかるといわれる小細胞肺がんの治療薬「オプジーボ」など計7品目。会議は30分程度で終了した。

 命の話にコストを持ち込むことへの抵抗感からか、予定より2年遅れた「費用対効果」の導入。国が踏み切ったのは、次々に高額な新薬が登場し財政負担が増す中で、その価格は本当に効果に見合うか-という疑問が生じているからだ。

 薬に保険が適用され価格が決まる際には、患者の状態がどう改善し、寿命がどれだけ伸びるかという「効果」は反映されていない。

 値付けが透明性に欠けるという指摘もある。画期的な新薬では開発費が値付けの元になるが、ある官僚は「企業側の情報に依存せざるを得ず、グレーなところがある」と漏らす。

× × ×

 費用対効果の分析は、既存薬と比較しながら、まずメーカーが行う。そのデータの再分析を経て、新たに発足する国の専門組織が評価を行う。

このニュースの写真

  • 「1年延命に500~600万円」が境目…夢の新薬どうまかなう

「ライフ」のランキング