産経ニュース

【熊本地震】加速度は阪神以上 古い木造家屋に被害が集中 重心高い瓦ぶきで倒壊多発

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【熊本地震】
加速度は阪神以上 古い木造家屋に被害が集中 重心高い瓦ぶきで倒壊多発

熊本地震の揺れ 熊本地震の揺れ

 日奈久断層帯は益城町から八代海南部まで北東-南西方向に延びる全長約81キロの活断層。動いたのは布田川断層帯と交わる北東端の高野-白旗区間で、活動したのは約1600~1200年前以来。調査委は同区間の地震の規模をM6.8程度、30年以内の発生確率は過去の活動間隔が分からないため不明としていた。

                  

傾斜地、耐震性高い建物も被害

 震度7を2回観測した益城町では、耐震性が低い古い建物だけでなく、耐震性が高い比較的新しい建物も倒壊したことが、京都大防災研究所の後藤浩之准教授(地震工学)の調査で分かった。

このニュースの写真

  • 加速度は阪神以上 古い木造家屋に被害が集中 重心高い瓦ぶきで倒壊多発
  • 加速度は阪神以上 古い木造家屋に被害が集中 重心高い瓦ぶきで倒壊多発

「ライフ」のランキング