産経ニュース

まるで走るホテル、車窓には絶景・富士山 富士急が新型特急の運行開始、 特製プリンも堪能して

ライフ ライフ

記事詳細

更新


まるで走るホテル、車窓には絶景・富士山 富士急が新型特急の運行開始、 特製プリンも堪能して

河口湖駅を出発する「富士山ビュー特急」=23日午前、山梨県富士河口湖町 河口湖駅を出発する「富士山ビュー特急」=23日午前、山梨県富士河口湖町

 車窓から世界文化遺産・富士山の眺望を楽しめる富士急行(山梨県富士吉田市)の新型特急「富士山ビュー特急」が23日、同県の大月-河口湖間で運行を始めた。平日は2往復、土日祝日は3往復する。

 ホテルの客室のようにゆったりとくつろげる空間を目指し、壁や天井に木材をふんだんに使っているのが特徴。3両編成のうち1号車は定員26人の特別車両で全席指定。土日祝日の2往復は富士山麓産の卵を使ったプリンなど4種類の特製スイーツを提供する。

 あいにくの曇り空で富士山の姿は見えなかったが、出発駅の河口湖駅のホームでは、集まった鉄道ファンがデビューしたばかりの真っ赤な車両をカメラに収めていた。 息子と一緒に特別車両に乗車した神奈川県座間市の吉川進さん(69)は「45分が物足りなく感じるくらい落ち着ける雰囲気だった」と満足そうに話した。 自由席の2、3号車は運賃のほか特急料金400円がかかり、特別車両はさらに900円がプラスされる。スイーツを味わえる列車は3日前までに予約する必要があり、運賃・特急料金込みで4千円。

「ライフ」のランキング