産経ニュース

【第25回地球環境大賞】東急電鉄に大賞授与「次世代の街づくりのモデルに」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第25回地球環境大賞】
東急電鉄に大賞授与「次世代の街づくりのモデルに」

大賞を受賞し、日枝久・フジサンケイグループ代表(右)からトロフィーを授与された東京急行電鉄の野本弘文社長=18日午後、東京都港区の明治記念館 (飯田英男撮影) 大賞を受賞し、日枝久・フジサンケイグループ代表(右)からトロフィーを授与された東京急行電鉄の野本弘文社長=18日午後、東京都港区の明治記念館 (飯田英男撮影)

 産業の発展と地球環境との共生を目指し、温暖化の防止や環境保全活動に熱心に取り組む企業や団体を表彰する第25回「地球環境大賞」(主催・フジサンケイグループ)の授賞式が18日午後、秋篠宮ご夫妻をお迎えして、東京・元赤坂の明治記念館で開かれ、各賞受賞者に表彰状とトロフィーが手渡された。

 式典では自然環境と調和した複合都市「二子玉川ライズ」(東京都世田谷区)の開発により、大賞に輝いた東京急行電鉄の野本弘文社長が「次世代の街づくりのモデルとなるよう、地域の皆さまとともに新たな取り組みにもチャレンジする」と述べた。

 また、フジサンケイグループの日枝久代表は「日本を代表する環境顕彰制度として広く社会に定着してきた。この制度を通じてあらゆる分野で環境と経済、社会の調和による豊かな国づくりを今後とも支援していく」とあいさつした。

 地球環境大賞顕彰制度委員長を務めるキヤノンの御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者は「社会的な評価をさらに高め、社会・経済の持続的発展の一助となりたい」と語った。

 式典の冒頭、出席者は熊本地震の犠牲者に哀悼の意を表し、黙祷(もくとう)をささげた。レセプションには産業界を中心に官界、学界などから約500人が出席した。

「ライフ」のランキング