産経ニュース

金庫室からピカソ作品盗難 独金融機関、価値1億円超

ライフ ライフ

記事詳細

更新


金庫室からピカソ作品盗難 独金融機関、価値1億円超

 ドイツのメディアは16日、西部デュッセルドルフの金融機関ポーティゴンの金庫室から、スペインの画家ピカソのリトグラフなど12作品が盗まれていたことが分かったと報じた。価値は総額110万ユーロ(約1億3500万円)相当とされる。

 報道によると、従業員が2014年末から15年初めにかけて、芸術品専用の金庫室が不自然な時間帯に開けられた形跡があることに気が付いた。調査で、ピカソの著名な牛のリトグラフ11点と、ドイツの女性芸術家ミュンターの絵画1点がなくなっていることが判明した。

 ポーティゴンが窃盗容疑で検察当局に告訴したが、犯人特定に至らないまま捜査は今年初めに打ち切られた。(共同)

「ライフ」のランキング