産経ニュース

【熊本地震】震源、北東へ動く 異例の広域連鎖、誘発を警戒 「近代観測史上、聞いたことがない」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【熊本地震】
震源、北東へ動く 異例の広域連鎖、誘発を警戒 「近代観測史上、聞いたことがない」

熊本地震の経過と活断層(気象庁の資料を基に作成) 熊本地震の経過と活断層(気象庁の資料を基に作成)

 熊本県で相次ぐ地震は、16日未明にマグニチュード(M)7・3の地震が起きて以降、阿蘇地方や大分県などの北東側へ活動域を延ばして活発化している。これほど広域に及ぶ「地震の連鎖」は異例のケースで、専門家は誘発の拡大を警戒している。

 熊本県中部には、14日に熊本地震が起きた日奈久(ひなぐ)断層帯と、その北にある布田川(ふたがわ)断層帯が北東-南西方向に走っている。一連の地震は当初、この2つの断層帯付近で発生したが、16日未明になって“飛び火”するように北東側の阿蘇地方で地震が相次いだ。

 さらに大分県の別府-万年山(はねやま)断層帯付近でも地震活動が活発化。これらの震源は布田川断層帯の北東の延長線上に帯状に連なる。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は「熊本地震が何らかの影響を及ぼした可能性がある。ここまで広範囲に及ぶ地震は近代観測史上、聞いたことがない」と驚きを隠さない。

このニュースの写真

  • 震源、北東へ動く 異例の広域連鎖、誘発を警戒 「近代観測史上、聞いたことがない」

「ライフ」のランキング