産経ニュース

乗り換え「楽になる」 発着1日最大1600便超 バスタ新宿

ライフ ライフ

記事詳細

更新


乗り換え「楽になる」 発着1日最大1600便超 バスタ新宿

JR新宿駅に直結するバスターミナル「バスタ新宿」が開業し、初日から多くの利用客が訪れた =4日(荻窪佳撮影) JR新宿駅に直結するバスターミナル「バスタ新宿」が開業し、初日から多くの利用客が訪れた =4日(荻窪佳撮影)

 4日に開業した国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」。4階にバスの発着所、3階にはバスの到着所のほか、タクシー乗降場と東京都が運営する「東京観光情報センター」もある。2階の改札口からはJR線に直接乗り換えられる。

 待合室や停車場は、多くの利用客で初日からにぎわった。栃木からのバスで到着した佐野市の会社員男性(50)は「東京に来るときによくバスを使うが、乗り場や降り場が分かりづらかった。ここができて楽になるので、ありがたい」と話していた。

 乗り入れる運行事業者は118社、ピークとなる夏の1日の発着便数は最大1625便で、いずれも日本一。停車場はこれまで、新宿駅周辺の19カ所に散在し、鉄道やタクシーとの乗り換えの不便さが指摘されていた。一部の到着便は従来のバス停を使用し4日の発着は約1200便だが、夏までに順次、バスタ新宿に乗り入れる。事業費は約700億円。

 3階のタクシーの乗降場には、30台分のタクシープールがある。甲州街道(国道20号)にできていた乗客待ちのタクシーの列がなくなり、混雑緩和や交通事故の減少につながるという。

このニュースの写真

  • 乗り換え「楽になる」 発着1日最大1600便超 バスタ新宿

「ライフ」のランキング