産経ニュース

【健康カフェ(29)】心房細動 約4割が自覚症状なし

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(29)】
心房細動 約4割が自覚症状なし

 高血圧と糖尿病がある70代後半の男性が外来を受診しました。他院で治療を受けているものの、今のままの治療でいいのか心配になり、私のところを受診されたとのことです。病歴などを聞きながら診察を進め、胸部を聴診したときに不整脈があることに気が付きました。それまでの投薬内容からはそれらしい処方はされていません。

 心電図をとったところ、やはり心房細動という不整脈がありました。患者さんに「以前に不整脈と指摘されなかったですか?」と尋ねると、「何か言われたような気もするけど、『放っておいても大丈夫』と言われた」と言います。実際の医師とのやりとりは分からないものの、今の状態は治療が必要なレベルであることを説明し、循環器専門の病院で検査を受けるように手配しました。

 健康な人の心臓は、安静時は規則的に1分間に60~100回拍動していますが、心房細動になると心臓の上半部にある心房の拍動数が1分間で300回以上になり、速く不規則に拍動します。高齢になるほど多く見られ、高血圧や糖尿病、肥満があると発症リスクが高くなるとされます。動悸(どうき)や息切れなどの症状を感じる人もいますが、男性のように自覚症状がないのに心房細動という人は約4割いるといわれています。

「ライフ」のランキング