産経ニュース

ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

平光正則さんの情報で墓碑を訪れ、献花した稲沢康さん(左下)ら遺族=平成27年8月、ニューカレドニア・ヌーメア(平光さん提供) 平光正則さんの情報で墓碑を訪れ、献花した稲沢康さん(左下)ら遺族=平成27年8月、ニューカレドニア・ヌーメア(平光さん提供)

 沈没した艦の場合、戦友会自体が組織されないケースも多い。平光さんが把握できた遺族は現在、稲沢さんだけという。「当時の敵が日本を激励し、弔っていることを、多くの日本人は知らない。せめてご遺族に現地の今の様子を伝え、ともに慰霊したい」。平光さんはこの思いを胸に、今後も遺族を捜し続ける。

     

 伊号第17潜水艦 水交会の資料などによると、昭和17年2月、米国・カリフォルニア州の製油所を砲撃。米本土を初めて攻撃した艦として知られる。その後、ガダルカナル島への輸送任務などについていた。18年8月19日、ニューカレドニアのヌーメア沖約70キロの地点で、ニュージーランド海軍などの攻撃を受け、沈没。乗組員97人が犠牲となった。

このニュースの写真

  • ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も
  • ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

「ライフ」のランキング