産経ニュース

ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

平光正則さんの情報で墓碑を訪れ、献花した稲沢康さん(左下)ら遺族=平成27年8月、ニューカレドニア・ヌーメア(平光さん提供) 平光正則さんの情報で墓碑を訪れ、献花した稲沢康さん(左下)ら遺族=平成27年8月、ニューカレドニア・ヌーメア(平光さん提供)

   ◇  ◇  ◇ 

 厚労省によると、親族が要請すれば戦没者の「軍歴証明書」が交付され、入隊から最期の地までを知ることができる。以前は一般の閲覧も可能だったが、目的外使用などのトラブルがあり、平成に入り禁止されたという。証明書には戦没者の親族の名前など手がかりになる情報もあるが「第三者へは提供できない」(厚労省担当者)としている。

 財団法人「水交会」によると、艦などが同じだった元兵士らでなる「戦友会」も約15年前から大幅に減少し、戦争体験を持つ人や遺族が交流する場は少なくなった。同会には一部の遺族名簿が残されており、担当者は「個人情報保護が前提だが、親族が軍歴証明書を持って『同じ部隊にいた方の遺族を知りたい』と希望された場合、ご遺族同士をつなぐこともある」とする。ただ、伊17に関しては乗組員の階級と名前、出身地の名簿が残るのみで、遺族情報はなかった。

このニュースの写真

  • ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も
  • ニューカレドニアで沈没の旧日本軍潜水艦乗組員追悼 粉骨砕身の遺族捜し「ともに慰霊したい」 戦友会減少、個人情報の壁も

「ライフ」のランキング