産経ニュース

【健康カフェ】(28)帯状疱疹 予防に水痘ワクチン

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(28)帯状疱疹 予防に水痘ワクチン

 糖尿病で定期的に通院している70代前半の女性が、予定されていた日よりも早く受診されました。数日前から上半身の左側が痛く、ブツブツとした発疹(ほっしん)も出てきて、薬の副作用ではないかと心配しています。診察すると、発疹は左胸の横から背中にかけて帯状にありました。「これは帯状疱疹(ほうしん)ですね」と説明し、薬を処方しました。

 帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)を起こすウイルスが原因で起こる痛みのある皮膚病です。チクチクするような皮膚の痛みから始まり、痛みの場所にブツブツとした赤い発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。症状は体の左右どちらか片側だけに現れます。

 多くの人が子供のころにかかる水ぼうそうは、熱が出て体に赤い斑点が出てくる病気で、発症後1~2週間ほどで治ります。治ったといっても、ウイルスは体の中の神経節(神経細胞が集まった部分)に残っています。このウイルスは、若くて元気なときは悪さをしないのですが、ストレスや加齢などで免疫力が落ちると再び活発になって帯状疱疹を引き起こします。

「ライフ」のランキング