産経ニュース

【美の扉】日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

「読書」1891(明治24)年 東京国立博物館蔵 「読書」1891(明治24)年 東京国立博物館蔵

 大きな存在ゆえに反感を抱いた画家も多かった。東京美術学校の学生だった青木繁は黒田が教室に入ると、そっと出ていったというエピソードは有名だ。後にフランスで人気を得た藤田嗣治は美術学校時代に影響を受けた作品を描きながらも反発して渡仏した。

 明治期に黒田が現れなかったら日本の美術は一体どんな方向に進んでいたのだろうか。(渋沢和彦)

裸体画と芸術の自由

 草むらに裸で寝そべった少女を描写した「野辺」。手に持った一輪の花を見つめるあどけない表情と透けるような白い肌が印象的だ。黒田の師、ラファエル・コランが明治33(1900)年のパリ万国博覧会に出品していた半身像の「眠り」に構図がよく似ている。

 黒田の作品はアカデミックなイメージが強いが、東京美術学校で裸体モデルの写生を必修にするなど、裸体画にも積極的に取り組んだ。しかし、34年の白馬会展に「裸体婦人像」を出品すると警察からとがめられ、作品の下半身は布で覆われてしまった。これは後に「腰巻事件」と呼ばれるが、2年後の同展では裸体画は隔離され、特別室での展示を余儀なくされた。

このニュースの写真

  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

「ライフ」のランキング