産経ニュース

【美の扉】日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【美の扉】
日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

「読書」1891(明治24)年 東京国立博物館蔵 「読書」1891(明治24)年 東京国立博物館蔵

 黒田は17歳のとき、法律を学ぶために渡仏したが、法律学校を退学し子供時代から手ほどきを受けていた美術に転向。穏やかで明るい外光表現を取り入れた画家、ラファエル・コランに師事した。

 フランスで過ごした19世紀後半は、すでにモネやルノワールら印象派の画家が活躍していた時代だった。しかし、鮮やかな色彩が乱舞した印象派絵画に刺激を受けたが傾倒はしなかった。むしろバルビゾン派のジャン=フランソワ・ミレーや自然主義のバスティアン=ルパージュといった農村生活を描く画家の平穏な作品に共感していた。

 9年間の留学で印象派の影響を受けた「外光派」と呼ばれるスタイルを確立させ、帰国後は日本洋画界に革新をもたらした。しかし、その功績は作品だけではない。黒田に詳しい東京文化財研究所企画情報部の山梨絵美子部長は「黒田は作家の自由な表現や個性を重視した。また裸体の木炭デッサンを美術教育の基礎とすることを唱え、教育や制度の充実に力を注いだ」と説明する。

 黒田は29年、東京美術学校(現・東京芸大)に設置された西洋画科の指導者に迎えられ、後に教授としてアカデミズムの基礎を築いた。また、公募美術展の開催を政府に働きかけ、文展(現・日展)開設に奔走した。創作者、教育者、美術行政家の顔を持ち、日本近代洋画史に大きな足跡を残した。

このニュースの写真

  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展
  • 日本洋画の父、振り返る画業 「生誕150年 黒田清輝」展

「ライフ」のランキング