産経ニュース

【ジカ熱】ブラジルから帰国の女性がジカ熱 流行後3例目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ジカ熱】
ブラジルから帰国の女性がジカ熱 流行後3例目

 厚生労働省は22日、ブラジルに滞在していた神奈川県在住の女性が国内でジカ熱を発症していたと発表した。症状はおさまっているという。世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」を宣言して以降、国内で患者が確認されるのは3人目。厚生労働省によると、今の時期はウイルスを媒介する蚊が活動していないため、国内で感染が広がる恐れは低い。

 女性はブラジルに3週間ほど滞在し、3月上旬に帰国。熱はなかったが、ひざや手の関節痛や発疹などの症状が出たため、15日に医療機関を受診した。医療機関がジカ熱の感染を疑い、22日に国立感染症研究所の検査で、ジカ熱と確定した。女性は「ブラジルで蚊にさされた」と話しているという。

 ジカ熱は蚊が媒介する感染症で症状は軽いが、妊婦が感染すると新生児に脳の成長に障害が出て発達障害を起こす小頭症を引き起こす恐れがある。

「ライフ」のランキング