産経ニュース

和菓子の魅力、世界に発信 パリで羊羹コレクション開幕

ライフ ライフ

記事詳細

更新


和菓子の魅力、世界に発信 パリで羊羹コレクション開幕

繊細で美しい生菓子づくりを実演する巌邑堂(浜松市)の内田弘守さん(左)=17日夜、パリ(田中幸美撮影) 繊細で美しい生菓子づくりを実演する巌邑堂(浜松市)の内田弘守さん(左)=17日夜、パリ(田中幸美撮影)

 パリで17日、虎屋(東京都港区)や米屋(千葉県成田市)など日本を代表する全国11の和菓子店などが主催する「YOKAN COLLECTION in PARIS(パリ羊(よう)羹(かん)コレクション)」が開幕した。日本の食文化の一端を担う和菓子の魅力を発信し、羊羹を「YOKAN」として世界にPRし販路を拡大するのが狙い。20日まで開かれる。

 コレクションは、パリの中心部に近いマレ地区にある3階建てのビル1棟を借り切って開催。17日は招待客を中心に250人以上が来場した。

 会場では、食べやすい大きさに切られた試食用の羊羹がお盆に乗せられて配られたほか、羊羹を使った創作和菓子の実演が行われ、来訪者は繊細で美しい色彩の和菓子ができ上がる様子をスマホで撮影したり、職人に直接質問するなどしていた。羊羹の歴史や道具などの展示のほか、参加した11店の和菓子を紹介するコーナーも設けられた。

 虎屋の黒川光晴さん(31)は、「試食用の羊羹がどんどん減っていった。みなさんいい印象を持ってくれたのではないかと思う」と話していた。

 羊羹コレクションは2010年から東京や大阪、札幌などで計7回開催してきたが、海外では今回が初めてとなる。(パリ 田中幸美 写真も)

「ライフ」のランキング