産経ニュース

【井浦新 アジアハイウェイを行く】胸張って自慢できる国に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【井浦新 アジアハイウェイを行く】
胸張って自慢できる国に

グエン朝王宮の窓から、王宮の中央部を望む(PENTAX K-3、smc PENTAX-DA15ミリ F4ED AL Limited、F20 1/160sec ISO200) グエン朝王宮の窓から、王宮の中央部を望む(PENTAX K-3、smc PENTAX-DA15ミリ F4ED AL Limited、F20 1/160sec ISO200)

 写真家、クリエーターとしても活躍する俳優の井浦新さん。総延長13万キロ、32カ国を結ぶ道を巡る「井浦新 アジアハイウェイを行く」(NHK BSプレミアム)の長い旅の中では、ロケの合間を縫って多くの世界遺産や寺院、王宮にも立ち寄った。

 文化財や伝統工芸などにも強い関心を持つ井浦さんに、同行したスタッフも気を利かせて旅の行程を組んだようだ。ベトナム最後の王朝、グエン朝の都が置かれた古都フエの王宮では、ベトナム戦争の傷痕を残しながらも往時の美しさをほうふつさせる姿に魅了された。

 井浦さんは「アジアハイウェイ」の旅を振り返り、印象に残ったことがあるという。いまや世界中で日本のニュースは流れていて、田舎に住む人々からも、日本についての質問を多く受けたことだ。「日本という国は憧れの存在である部分もあると思うんですが、それだけ強い影響力もあり、だからこそ日本人として周りの国に胸を張って自慢できる存在であってほしい」。遠く離れたアジアの国で、井浦さんはこう考えさせられたという。

「ライフ」のランキング