産経ニュース

クジラの死骸を若者が「征服」 最優秀賞作品が波紋 北海道の写真コンテスト 批判受け賞取り下げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


クジラの死骸を若者が「征服」 最優秀賞作品が波紋 北海道の写真コンテスト 批判受け賞取り下げ

北海道立オホーツク流氷科学センターが行った写真コンテストで最優秀賞に選ばれた作品。「征服」のタイトルが付いていた。 北海道立オホーツク流氷科学センターが行った写真コンテストで最優秀賞に選ばれた作品。「征服」のタイトルが付いていた。

 北海道立オホーツク流氷科学センター(紋別市)が開館25周年を記念して行った「オホーツクの四季写真展コンテスト」で、最優秀賞(北海道知事賞)となったクジラの写真が大きな批判を浴びることとなり、同センターが賞を取り下げたことが16日までにわかった。同センターは「猛省しております」とのコメントを発表した。

 最優秀賞となったのは、浜に打ち上げられたクジラの死骸の上に立ち、ガッツポーズする若者の写真。北海道北見市の男性が撮影し、「征服」とのタイトルがついていた。道写真協会の女性会員が審査にあたり、「見たことのない写真だった」と講評した。

 9日に同センターが選考結果を発表したところ、同センターのフェイスブックに「なぜあんな作品が選ばれたのか」「北海道の自然を愛するものとして、すごくすごく悲しい」「自然や命を冒涜(ぼうとく)しているようにしか見えません」との批判の声が多数、寄せられた。

 同センターはこうした事態を受け、作品の応募者に事情を説明し、最優秀賞を取り下げることを決定。「自然や環境を研究する機関でありながら、それらへの配慮や認識が欠如していた」として、陳謝した。

続きを読む

「ライフ」のランキング